忍者ブログ
速読スクール内で起こる出来事や、講師のプライベートなど、 適当に思いつくまま綴っています・・・気まぐれ三昧です、はい。。。
[143] [142] [141] [140] [139] [138] [137] [136] [135] [134] [133]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


作家は皆、

サービス精神が旺盛な方ばかりです。

読者を感動させたい!!驚かせたい!!笑わせたい!!

といった強い気持ちにとらわれて

それを文章にしているのでしょうから。


特に、それが顕著に出るのはエッセイにおいてだと思います。


今回紹介する2冊はタイプは全く違いますが、

どちらも作家の狙い通りにハマる作品です。


『美女と竹林』 森見 登美彦

美女と竹林

正直、竹林に行って竹を刈るだけの話です。

が、そのプロセスがめちゃめちゃ面白いのです。

森見氏特有の妄想満載です。

あまりにこの世界にどっぷり浸かってしまった私は、

コンビニで見つけた「たけのこの里が竹になったというチョコバー」を買ってしまったくらいです。
(って、どうでもいいですね。)


で、もう一冊は

『超魔球スッポぬけ!』 朱川 湊人

超魔球スッポぬけ!

「ノスタルジックホラーの名手」とうたわれ、

本来の作品では、人間の底知れぬ奥深さとせつなさを描く朱川氏ですが、

出身は大阪。

とにかく読者を笑わせたい!とこの作品を書いたということです。

すごいです。

真面目な顔つきで読んでいるヒマがありませんから。


皆さん、お忙しいと思いますが…

たまにはエッセイを読んで、リラックスしてください。


 

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
[10/15 速く読ませる人。]
[10/14 直子]
[12/25 速く読ませる人。]
[12/24 直子]
[11/17 速く読ませる人。]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]