忍者ブログ
速読スクール内で起こる出来事や、講師のプライベートなど、 適当に思いつくまま綴っています・・・気まぐれ三昧です、はい。。。
[251] [250] [249] [248] [247] [246] [245] [244] [243] [242] [241]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
 ジェフリー・アーチャー。



 今日はこの作家の紹介です。




 彼の作品は3つのジャンルに大別されます。


 ① 壮大なサーガ

 ② サスペンス・ミステリー

 ③ 短篇小説
 


 この人のすごいところ。


 とにかく、どれも優れている、という点。



 サーガは文庫2冊という長さでも


 時間を忘れてぐんぐん引き込まれてしまうし、


 サスペンスものは、気がつくと登場人物とともに


 ドキドキ・ハラハラを共有して、危険や困難に立ち向かってる自分がいるし、


 短篇は洒脱で小気味よく、作品それぞれに感動やおかしみ、せつなさが込みあげます。



 それらは、アーチャー氏の魅力を最大限に引き出した訳者、永井 淳氏の功績も


 非常に大きいと思います。

 
 永井氏の文章だから、ずっと安心して読んでました。


 永井氏の死後、その世界観は戸田 裕之氏に引き継がれています。



 
 短篇小説が好きな私ですが、


 ジェフリー・アーチャーだけは常に別格。



 
 最近のクリティカル・ヒット、2作品。


 ゴッホは欺く

  『ゴッホは欺く(上・下)』 新潮文庫


 
 ジャンルとしては上記の②に属し、


 芸術に造詣の深い彼ならではの作品。



 聡明で勇敢なヒロインが大活躍します。



 
 誇りと復讐

  『誇りと復讐(上・下)』 新潮文庫



 無実の罪で投獄されることになった男の物語。


 さながら、現代の『モンテ・クリスト伯』。



 ヤマ場てんこ盛り、というよりも、ずうっとヤマ場です。


 最後の最後まで気を抜けません!!




 それから短篇。

 
 『十二の意外な結末』。

 十二の意外な結末


 この中の一篇、『クリスティーナ・ローゼンタール』。


 そして、『十二本の毒矢』の中の、『ある愛の歴史』。


 素晴らしいの一語に尽きます。




 本屋さんで、図書館で。


 アーチャーの作品を見つけたら、

 
 どれでもいいから手に取って読んでみてください。


 それは必ず、当たりです。



 長くなりましたが、最後に。


 氏の魅力にとりつかれたら、ウィキペディアかなんかで


 ぜひ経歴を調べてみてください。


 今回のタイトルの意味が、お分かりいただけるかと思います。



PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ジェフリー・アーチャー
以前、強力に勧められて何冊か読んだことがあります!また読みたくなりました(^-^)
直子 2011/11/10(Thu)09:33:58 編集
アーチャー!!
いつもありがとうございます。
最新の『15のわけあり小説』もさすがですよ!
速く読ませる人。 2011/11/17(Thu)20:28:52 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
[10/15 速く読ませる人。]
[10/14 直子]
[12/25 速く読ませる人。]
[12/24 直子]
[11/17 速く読ませる人。]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]