忍者ブログ
速読スクール内で起こる出来事や、講師のプライベートなど、 適当に思いつくまま綴っています・・・気まぐれ三昧です、はい。。。
[232] [231] [230] [229] [228] [227] [226] [225] [224] [223] [222]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 最近では、いわゆる従来の本のことを


 p-book


 と呼ぶんだとか。


 
 この p とは


 paper  や physical (「物理的に」存在する)


 を表すそう。




 もちろん、台頭してきた


 e-book に対抗して。



 e がもはやデフォルトになりつつある世界。



 私はちょっとついていけない感じしてますが…。




 ただ、電子書籍って、


 実際に使っておられる方のを拝見すると


 予想以上に軽くて、確かに便利みたいですね。


 レパートリーもめちゃくちゃ多いし。




 実は、急に我が家も購入を検討中。


 (使いこなせるか?と不安ではありますが。)




 そんなときに出会った一冊。


 もうすぐ絶滅するという紙の書物について

 『もうすぐ絶滅するという紙の書物について』

 ウンベルト・エーコ、ジャン=クロード・カリエール 著

 阪急コミュニケーションズ刊




 まるで辞書のような装幀。


 天・地・小口はなんとも言えない深みのある青。


 私はラピスラズリを想起しました。


 (実際にはもっと濃いのでしょうが。)




 図書館というより、博物館そのもの!みたいな


 共に著名なイタリア人とフランス人が


 互いの自宅にて


 書物についての対話を繰り広げていきます。




  
 二人はこよなく書物を愛しています。



 「本」ではなく、「書物」という表現が似合います。




 そして、改めてホッとします。



 紙の書物が滅びることなどないのだ、と。




 価格は2940円と、辞書並みですが(笑)



 飾っておきたくなる所有欲をそそる一冊です。

 

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
[10/15 速く読ませる人。]
[10/14 直子]
[12/25 速く読ませる人。]
[12/24 直子]
[11/17 速く読ませる人。]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]