忍者ブログ
速読スクール内で起こる出来事や、講師のプライベートなど、 適当に思いつくまま綴っています・・・気まぐれ三昧です、はい。。。
[266] [265] [264] [263] [262] [261] [260] [259] [258] [257] [256]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


足かけ5年、日経新聞に連載されていた


『奇縁まんだら』 がついに完結しました。


奇縁まんだら

『奇縁まんだら 終り』 瀬戸内 寂聴 著 日本経済新聞出版社刊



毎回、著名な方と寂聴さんとの「奇縁」がユーモラスな感じで書かれていて、


横尾忠則さんの挿絵も素晴らしく(時を経てどんどん画風が変化していきます。)


日曜が来るのが本当に楽しみでした。




その時代を代表する方たちとのエピソードは


とっても興味深くて、当時の社会や世相がよく分かるばかりか、


後輩や友人としての「一個人」、寂聴さんに見せる表情の描写が


実に生き生きとして、時にせつなく、


寂聴さんならではの観察眼で鋭くまとめられています。




寂聴さん(出家前は晴美さん。)って、


永遠の文学少女で、おきゃんで、ミーハーで。



屈託がなく、感受性豊かで、聡明な彼女をみんな心から愛したんだと思う。



そして、今も。




「奇縁」には、きっと「悪縁」や「逆縁」なんかも含まれてると思う。



人生を面白おかしく生きてたはずの彼女が


なぜこの世を捨てることになったのかは、詳しくは書かれていません。




だけど、出家って、


どろどろした男女の恋愛や、壮絶な女同士の争いなど


俗なことをやり尽くしてするもんなんだなあって。




この世での死を通してとらえた、人々の「生」。



もしかしたら、さらに面白いことをやりたくなって「死」を選んだのかも。


もしかしたら、「死」を経験して、また新しい生を得たのかも。




やはり、これを描けるのは、寂聴さんしかいません。



















PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
[10/15 速く読ませる人。]
[10/14 直子]
[12/25 速く読ませる人。]
[12/24 直子]
[11/17 速く読ませる人。]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]