忍者ブログ
速読スクール内で起こる出来事や、講師のプライベートなど、 適当に思いつくまま綴っています・・・気まぐれ三昧です、はい。。。
[205] [204] [203] [202] [201] [200] [199] [198] [197] [196] [195]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
 大人になればなるほど、

 ケストナーの素晴らしさに心から敬服している私です…。


 一年に数度(かなり頻繁!?)、

 ケストナー熱が出て、同じ作品を何度も何度も読み返してしまいます。


 飛ぶ教室

  『 飛ぶ教室 』 エーリヒ・ケストナー著 

  ケストナー少年文学全集 4 岩波書店刊


 
 クリスマスを間近に控えた、寄宿舎生活を送る少年たちと、周囲の大人たち。

 全く女の子は出て来ません。


 ですが、女の子でもすんなりとこの世界へ入っていけます。

 そして、必ず

 「男の子の友情っていいなあ」ってうらやましくなると思います。

 
 どの子も最高にチャーミングですが、

 私はやっぱりヨーニーが一番かなあ?

 (マッツも大好きだけど。)



 まえがき(第一と第二!)とあとがき。

 ケストナーが素敵な登場をします。

 そうです、彼はいつだって子どもの味方なのです。

 カッコよくないところが、たまらなくカッコいい。



 私の大切なお友達に、筋金入りのケストナーファンがいます。

 幼い頃、『ふたりのロッテ』 を読んで、

 初めて「局留め」なるものを知った、とのこと。

 素敵な思い出でしょう?


 
 ― そして、皆様にお願い ―

 ケストナーはどれも名作であるがゆえに、

 いろんな方の翻訳が出ています。

 だけど、やっぱりなんといっても

 高橋 健二訳!!で読んでください。

 彼はまごうことなき天才です。
 
 
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
[10/15 速く読ませる人。]
[10/14 直子]
[12/25 速く読ませる人。]
[12/24 直子]
[11/17 速く読ませる人。]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]