忍者ブログ
速読スクール内で起こる出来事や、講師のプライベートなど、 適当に思いつくまま綴っています・・・気まぐれ三昧です、はい。。。
[183] [182] [181] [180] [179] [178] [177] [176] [175] [174] [173]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
 速読レッスンの教室に置いてある、

 アルジャーノンに花束を
 『アルジャーノンに花束を』 ダニエル・キイス 著 早川文庫


 
 数年ぶりに読み返してみました。


 最初に、キイス氏からのメッセージである

 「日本語版文庫への序文」があります。

 
 そこには、

 読者である女の子からの手紙に対する

 キイス氏の返事が引用されています。

 
 氏のつねに慎み深く、温かいまなざしが

 素直に伝わってくる言葉です。


 これほど感動を覚えたのは、今回が初めてです。

 ぜひ、ここも読んでみてください。


 
 この作品を翻訳した、

 小尾 芙紗氏の文章は本当に名訳です。


 チャーリイの 「けえかほおこく」 が

 刻々と変化していく様子が分かります。


 知に憧れ続けるチャーリイ。

 そんな彼を取り巻く周囲の人々。


  
 キイス氏がこの作品を書き上げた時、

 なんと、5つの出版社から拒否されたとのこと。


 「チャーリイの手術は成功し、

 アリスといつまでも幸せに暮らしました」


 そんな結末への変更を強要されたそうです。


 チャーリイは、

 ほんの一時期、天才だったことも忘れていく。


 それが、

 唯一の救いであるように私は思います。



 この作品の熱心な読者は、
 
 皆、チャーリイの姿に自分を重ねています。


 そして、もちろん私もその一人です。 
 
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
[10/15 速く読ませる人。]
[10/14 直子]
[12/25 速く読ませる人。]
[12/24 直子]
[11/17 速く読ませる人。]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]