忍者ブログ
速読スクール内で起こる出来事や、講師のプライベートなど、 適当に思いつくまま綴っています・・・気まぐれ三昧です、はい。。。
[180] [179] [178] [177] [176] [175] [174] [173] [172] [171] [170]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
 ここ数年、お正月は必ず同じ本を読み返すことにしています。


 それは、

 薔薇の名前

 『薔薇の名前(上・下)』 ウンベルト=エーコ 著 東京創元社刊

 
 エーコは世界的に有名な記号論学者。

 彼の膨大な知識によって生まれたモンスター的作品です。

 謎、宗教、歴史、恋愛…

 と、文学に不可欠な
要素がこれでもか!これでもか!とてんこ盛り。

 これでベストセラーにならないはずがありません。

 
 とってもとっても面白いのですが、とにかく難解で、複雑で、深遠です。

 だけど、それこそがこの作品の真骨頂だと思っているので、
 
 中世の、壮大でゴシックな感じが大好きな私は、

 長期休暇中(だからお正月に。夏というイメージはないので)、

 じっくり腰を据えて、

 読みながら調べ、調べながら読み…

 を毎回繰り返している感じです。

 
 ただ、読んだ後の感想として確実に言えること。

 自分がめっちゃ賢くなったような気がします(笑)。


 
 それから・・・ 

 氏の別作品の邦訳が、今日の新聞広告に出ていました。

  バウドリーノ

 『バウドリーノ(上・下)』 岩波書店刊


 おそらく最新刊だと思うのですが、オリジナルは2003年に出ているんですね。

 こんなに年数が経っているのは内容が複雑で、翻訳に手こずったからでしょうか?

 広告には、

 「エーコの中世世界が再び動き始める。」とあり。

 『フーコーの振り子』 に挫折した私としては、これは読破したいと思います。

 
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
[10/15 速く読ませる人。]
[10/14 直子]
[12/25 速く読ませる人。]
[12/24 直子]
[11/17 速く読ませる人。]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]