忍者ブログ
速読スクール内で起こる出来事や、講師のプライベートなど、 適当に思いつくまま綴っています・・・気まぐれ三昧です、はい。。。
[175] [174] [173] [172] [171] [170] [169] [168] [167] [166] [165]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
 先日、この人の話題が出たので…。


 三島 由紀夫が好きという方はたくさんいらっしゃると思います。

 現在、『別冊 太陽』にて、特集が組まれています。

 
 高校時代、現国の先生(素晴らしい才媛でした。)が、

 「彼の文章は本当に美しい」と話すのを聞き、以来、

 私の中では常に「美」という一文字が連想される作家です。

 
 私が偏愛している作品が、

 春の雪

 『春の雪』 新潮文庫 

 
 です。

 
 高校時代に出会ってから、ことあるごとに読み返してきた作品。

 『豊饒の海』という連作集(全四部)の第一部ですが、私はこれしか記憶にありません。


 登場する華族の人々の生活習慣に大いに驚きもし、憧れを抱きました。


 数年前に行定 勲監督によって映画化されることになり、

 その主題歌がヒッキーだということが判ったときは大興奮しました。

 (曲は素晴らしかったけれど、

 妻夫木くんは華族の雰囲気には少々無理があるなぁというのが、

 正直な感想です。)


 話がそれてしまいますが…。

 うちの両親は、1970年11月24日に結婚しました。

 翌日から車にて伊豆へ新婚旅行へと出発したのですが(時代ですね。)、

 ドライブ中、ラジオで三島氏の事件を知り、その情報の一部始終を聞いたとのこと。

 ママは、「彼の呼び名が『作家の三島氏』から『三島』と変わっていくのがとにかく怖かった」

 と今でも話しています。


 最後はセンセーショナルな亡くなり方をされましたが、

 私にとっては「美しい作家」であることには変わりなく、

 氏の作品をこれからもずっと愛し続けたいと思います。
  
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
[10/15 速く読ませる人。]
[10/14 直子]
[12/25 速く読ませる人。]
[12/24 直子]
[11/17 速く読ませる人。]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]