忍者ブログ
速読スクール内で起こる出来事や、講師のプライベートなど、 適当に思いつくまま綴っています・・・気まぐれ三昧です、はい。。。
[170] [169] [168] [167] [166] [165] [164] [163] [162] [161] [160]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
 昔からミーハーな私です。

 自分の行ったところ、買ったものなんかがメディアで紹介されたりすると

 とにかくテンションの上がるタイプ。

 本についても、自分のなじみのある場所などが舞台になっていると

 どんどんその情景が浮かんできて、とっても親近感がわきます。 

 (だから、日本人作家の海外を舞台にした物語とかは苦手なんです…。)


 で、先日お借りした、大人気の作品を紹介します。

 阪急電車
 
 『阪急電車』 有川 浩著 幻冬舎刊

 
 舞台はタイトルの通り、

 大阪と兵庫をつなぐ阪急電車です。

 乗客それぞれの人間模様。

 「わあ、むっちゃこういうことあるある!」

 と思わず大阪弁で言ってしまいそうな、リアルな関西のノリで描かれた作品です。

 こてこて大阪人の私が言うのだから間違いありません(笑)。

 作者の有川さんご自身は高知県出身の方だそうですが、この今津線の沿線にお住まいとのこと。

 きっと、車内になにげなく溶け込みながら、つぶさに人間観察されてたのでしょうね。

 広島市内に長く住んでいた私としては、広島出身の関学生・圭一くんを応援しています!



 関西を舞台にした作品をもう一つ。

 宮本 輝 全短篇上

 『宮本 輝 全短篇(上)』 集英社刊


 宮本 輝氏の描く作品には、雑然とした大阪の下町が多く出て来ます。

 登場人物も、毎日を生きるのに必死な人々ばかりです。

 
 ですが、そこを流れるドブ川や、トタン屋根の安普請の家などの描写を読むたび、

 私はそれを美しいと思ってしまうのです。


 どれも有名な作品ばかりですが、

 特に、『トマトの話』 は秀逸です。
 
 
 ちなみに、『夢見通りの人々』 (新潮文庫)も私が大好きな作品です。

 ぜひ読んでみてください。
 
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
[10/15 速く読ませる人。]
[10/14 直子]
[12/25 速く読ませる人。]
[12/24 直子]
[11/17 速く読ませる人。]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]