忍者ブログ
速読スクール内で起こる出来事や、講師のプライベートなど、 適当に思いつくまま綴っています・・・気まぐれ三昧です、はい。。。
[245] [244] [243] [242] [241] [240] [239] [238] [237] [236] [235]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
 プロの話が大好きです…。
 



 「その道」を知る人の話は、


 奥が深くて、なるほどなあと感心することばかり。



 ということで、今回は


 「プロが語る本」の紹介を。



 1冊目は、

 スパイのためのハンドブック

 『スパイのためのハンドブック』 ウォルフガング・ロッツ 著 
 ハヤカワ  ノンフィクション文庫



 ふらっと本屋さんで見つけて、即買いした本です。


 基本はケッティーなので、あまりこういうことはしません(笑)。



 ある諜報機関で活躍した大物エージェントが教えてくれる、

 スパイ活動について。



 
 この本の面白いところ。


 華々しい活躍の裏にある、


 情報部の上司への経費計上の方法。

 本当の自分との折り合いのつけ方。

 引退後の生活法。
 


 めっちゃリアル。

 

 ハードボイルド調かつアイロニーに満ちた文体で

 書かれていますが、実はユーモラス。

 

 でも、犠牲にしてきたものも多い。

 

 幸せって?

 

 ふと考えてしまいます。




 もう一冊。

三島由紀夫レター教室

 『三島由紀夫レター教室』 三島 由紀夫 著 ちくま文庫



 いわゆる「書簡体形式」の作品です。


 きちんとした小説として成立していながら、


 いろんな状況下で書く手紙の文例集としても機能しています。


 

 さすがのミシマ先生ならではのウィットで


 高等テクニックを教えていただけるという、お得な本。



 最終章は、『作者から読者への手紙』。


 氏の「ものを書く」、という姿勢が


 ここに集約されている気がします。



 これを反映して、ブログが書けるようになればいいんですけど、ね。

 

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
[10/15 速く読ませる人。]
[10/14 直子]
[12/25 速く読ませる人。]
[12/24 直子]
[11/17 速く読ませる人。]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]