忍者ブログ
速読スクール内で起こる出来事や、講師のプライベートなど、 適当に思いつくまま綴っています・・・気まぐれ三昧です、はい。。。
[158] [157] [156] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


世界一タフな職業とは何でしょう?

それは

「スパイ」

だと思います。

「誰にも知られることなく、世界を飛び回って、国家機密に関わる重大な任務を果たす」

という仕事に、幼い頃に憧れを持った方も多いのではないでしょうか?

(私もその一人ですが。)


今回はそのスパイについてのお話です。

ジョーカー・ゲーム

『ジョーカー・ゲーム』 柳 広司著 角川書店刊


「D機関」と呼ばれるスパイ養成学校の学生が実践的な活動を行う

という連作短編集です。

どの作品も、とってもスリリングな展開で目が離せません。

描写が緻密で、ここまで「ハードボイルド然とした」文体もないでしょう。


ここの学生たちは皆、

共に厳しい訓練(その内容も多岐にわたる!)を受けながらも、

同期にすら「本当の自分」を語ってはいけないのです。


スパイは、敵をあざむくために

「偽りの個人として」実際に結婚もし、子どもまでもうけることもあるそうですが、

その任務が終われば、あっさりと「妻子は捨てる」

という冷徹さがなければ務まらないのです…。


これを読むと、スパイの本当の厳しさがよく分かります。

ただそのイメージのカッコ良さに憧れてた私ってやはり甘いです…。
 

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
[10/15 速く読ませる人。]
[10/14 直子]
[12/25 速く読ませる人。]
[12/24 直子]
[11/17 速く読ませる人。]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]