忍者ブログ
速読スクール内で起こる出来事や、講師のプライベートなど、 適当に思いつくまま綴っています・・・気まぐれ三昧です、はい。。。
[159] [158] [157] [156] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  
 勝手なイメージですが、

 私の中で、

 『三国志』・『西遊記』・『水滸伝』

 はいつも三位一体という感じがあります…。

 (一応調べてみると、成立年代はどれも明朝らしい。
  だからごっちゃなのかな?)


 で。何の話かというと…。

 私はこの中で、昔から『西遊記』が大好きです。
 
 (ドラマも新旧観てますよ~。)

 で。

 諸星大二郎のマンガも大好きです。


 ということで、今夢中になっているのが

 西遊妖猿伝

 『西遊妖猿伝』 諸星大二郎著 講談社刊

 
 もちろん、諸星氏ですから、彼らしい奇想天外なお話になっています。

 でも、本当に面白いのです。

 実はこのシリーズ、ずいぶん昔から発行されているのですが…

 「大唐篇」以降、長い間新刊が出ず、展開がありませんでした。

 
 先日、書店で「西域篇」を見つけたときは本当にうれしかった!!

 なんと再開まで「11年」のブランクがあったみたいです。

 ここでやっと三蔵法師・悟空・八戒・悟浄の4人がそろいました!!

 いろんな意味で本当に長い旅です…。

 
 そして、西遊記のお話といえばもう一つ。

 中島敦

 中島 敦 ちくま日本文学012 筑摩書房刊

 
 中島 敦といえば、『山月記』が超有名ですが…。

 (虎になる話ですね。)

 この本の中に載っている、

 『悟浄出世』

 『悟浄歎異』

 は本当に傑作です。

 
 悟浄が悩んで悩んで、三蔵・悟空・八戒と出会うまで。

 そして、旅の間に3人を観察しての彼なりの分析。

 
 私はキザな作家は好きではないのですが…

 中島 敦だけはキザが似合ってます。
 
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
[10/15 速く読ませる人。]
[10/14 直子]
[12/25 速く読ませる人。]
[12/24 直子]
[11/17 速く読ませる人。]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]