忍者ブログ
速読スクール内で起こる出来事や、講師のプライベートなど、 適当に思いつくまま綴っています・・・気まぐれ三昧です、はい。。。
[160] [159] [158] [157] [156] [155] [154] [153] [152] [151] [150]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
 私が、一冊の本に出会い、

 それが私にとって大切な作品となるかどうかは、

 もののあはれ

 で決まるのです。
 

 もののあはれって?

 
 本当のことを言うと、この意味、私自身もよく分かっていないんです。
 
 だけど、他の言葉ではどうしてもうまく言い表せないんです。

 でも、いつもいつもこれが基準になって来ました。


 たとえば…

小暮写眞館

 『小暮写眞館』 宮部みゆき著 講談社刊

 
 宮部みゆきの作品に、基本ハッピーエンドはありません。

 非のない人物が、人生の中で不幸な出来事に巻き込まれてしまったときに、

 「どうやって自分に折り合いをつけ、希望を見いだすか」

 これが全てです。


 トリツカレ男

 『トリツカレ男』 いしいしんじ著 新潮社刊

 ジュゼッペとペチカのラブストーリー。

 優しい人たちばかりだからこそ、
 それぞれの悲しみがあります。


 
 ちなみに…。

 音楽では
 宇多田ヒカルちゃんに
 一番もののあはれを感じる私です。
 
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
[10/15 速く読ませる人。]
[10/14 直子]
[12/25 速く読ませる人。]
[12/24 直子]
[11/17 速く読ませる人。]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]