忍者ブログ
速読スクール内で起こる出来事や、講師のプライベートなど、 適当に思いつくまま綴っています・・・気まぐれ三昧です、はい。。。
[164] [163] [162] [161] [160] [159] [158] [157] [156] [155] [154]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「いつか、この人のことを書きたい」

とずっと思ってました。


その人の名は…

寺山 修司

私が人生で最も影響を受けた作家です。


初めて彼の作品を読んだのは、

大学受験のときです。

過去問をやっていて、エッセイに出会いました。

テーマは、「犬は家出するか否か?」


ものすごい衝撃でした。

今までの概念が覆されるというか。

大学生になり、20代はずっと「彼ひとすじ」だったような気がします(笑)。


実験演劇を創り、短歌を詠み、エッセイを書く。

短い人生で、病から失うものも多かったようですが、

まさに命を燃やし尽くした時代の寵児です。

(なんてえらそうに書いていますが、リアルタイムではありません。)


この人を象徴している一冊が、

不思議図書館

『不思議図書館』 角川文庫


マジック、だまし絵、ギャンブル、ドラゴン etc.…

不思議な存在の事物への考察を読んでいるうち、

自分がサーカスに迷い込んだような錯覚を起こします。


30代も半ばになり、ちょっと大人になって(笑)、

最近は彼の短歌ばかりに気をとられがちでしたが、

改めてエッセイをいろいろと読み直してみると、

やっぱりすごいとしか言えません。


彼が死ぬまで保ち続けた、

知的探求心と青臭いような反抗心。

私も忘れずにいたいと思います。
 

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
[10/15 速く読ませる人。]
[10/14 直子]
[12/25 速く読ませる人。]
[12/24 直子]
[11/17 速く読ませる人。]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]