忍者ブログ
速読スクール内で起こる出来事や、講師のプライベートなど、 適当に思いつくまま綴っています・・・気まぐれ三昧です、はい。。。
[223] [222] [221] [220] [219] [218] [217] [216] [215] [214] [213]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
 前回の 『ダイオウイカは知らないでしょう』 のゲストとして出ていた


 私の大好きな歌人、穂村 弘氏の本です。

 絶叫委員会

  『絶叫委員会』 穂村 弘著 筑摩書房刊




  ほむらさんが、今までに出会ってきた

 
  印象的な言葉たちに対する冷静な分析。



  淡々とした筆致でありながら、


  なんとも言えないおかしみ(ペーソス?)が募ります。


  

  とりわけインパクトが強いのは


  スピーチなどの第一声についての章、


  『出だしの魔』。


  
  それを読んで、



  派遣社員として入社したさいに


  自己紹介で、緊張し過ぎて

  
  「 △△(←自分の名前)と思います


  と、いきなりメガホン(体育大会や朝礼とかで先生が使うヤツ。)で


  フロア中に聞こえるように発表した


  という、職場のある先輩を思い出しました…。


  (私はその場にはいなかったのですが。)



  
  それを想像するとき、他人事ながら、私はいつも

 
  頭の芯のある一点が妙に冷たくなります。


  
  (ちなみに、その先輩は以降ずっと


  「自分の名前に責任が持てない人」と呼ばれてました。)



  わぁーっ。


  

 
  そしてもう一つ、

 
  『絶望の宝石』。


 
  「子供の世界は純度の高い絶体絶命感に充ちていた」


  という、ほむらさんの言葉。


  
  そうだよなあ。



  子どもの頃って、


  本当に「どうしよう。どうしよう。」って
  

  この世の終わりみたいに泣いたりしたよなあ。



  だけど、どっこい生きている。


  「あんなに沢山の絶体絶命を潜ったのに」。



  
  どの章も、


  「自己」と「世界」との関係性を問い続ける


  ほむらさんらしい言葉遣いで


  これ以上は不可能なほど、丁寧に、適切に


  表現されています。


 
  こんな風に文章が書けるようになればなあ。

 
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
[10/15 速く読ませる人。]
[10/14 直子]
[12/25 速く読ませる人。]
[12/24 直子]
[11/17 速く読ませる人。]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]